スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フェレット]肛門

ステロイドも効かず塗り薬も効かず・・
今日「注腸」をやりました。

結果・・
肛門にかけての腸がなぜか細くなってて・・。
しかも大腸に潰瘍ができていてかなり大きい(深い)そうです。。
この潰瘍がこのまま大きくなれば腸が破けて血液が体中に回り死に至ってしまうそうで・・。
その潰瘍部分を取るためには手術しかなく。
犬や猫の場合は肛門から腸を引き出してカットし肛門に直接縫い付けるそうなのですがフェレットの場合は体が小さいので、腸を引っ張っても腸の周りについている粘着物も一緒に引っ張ってしまうことになり、結局おなかを開けることになるそうです。
術後は絶食しなければならないのですがフェレットの場合はそうは行かないので手術がうまくいっても結局垂れ流しの状態になり、傷口にばい菌が入って治りづらいかも。とも言われました。

もうひとつの方法は今のように薬物治療。
・・薬物治療だったら薬が増えたり変わったりするだけなんだよね。

でも、どちらがいいかなんてわからない。
手術しても術後の経過はあまりよさそうではないし、このまま薬物で治療してもさほど変化はないだろうし・・・。。
先生には手術中に万が一のこともあるかも知れない といわれました。
そんなリスクの高い手術はできないよT_T

旦那とは ”手術はしない” と結論を出したんだけど
すみれの本心を聞いてみたいです・・・・・。

...
オッサンですが血液検査の結果、ステロイドが効いておらず増量になりました。1日2回・・。
しかも副作用が出ているらしく肝臓の数値が高い。
きわめつけは腎臓の数値も高く他の病気も併発している可能性もある といわれました・・・_| ̄|○ ガクーリ
強制的に水を飲ませておしっこを排出させないと。。

当の本人は発作も出ず元気いっぱい食欲旺盛です。





ハァァァァ・・orz


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

すまいるみー

Author:すまいるみー
長女:
さゆり(アルビノ・パスバレー)
'00/03/20 to '09/01/15

次女:
すみれ(シナモン・パスバレー)
'00/08/10 to '05/12/18

長男:
みーくん
(アルビノ・多分パスバレー)
'99 to '07/04/12

詳しいプロフは
カテゴリーからどうぞ^^

いくつになったの

*script by KT*

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。